free website maker

子供(小中高校生)のお小遣いはいくらが妥当?


皆さん、お子さんにお小遣いをあげるようになったのは何歳の時からですか?
 
お金に興味を持つのはだいたい幼稚園や保育園の頃からですよね。
しかし、そんな小さな子にお小遣いをあげてもいいの?と疑問に思います。
 
そこで今回はお小遣いをあげはじめた年齢や金額の平均、渡し方などを紹介します。

いつからお小遣いをあげる?
 
だいたのお母さんお父さんは、子供が小学生になってから渡すという方が多かったです。
そして、金額ですが500円以下という意見が多かったです。
 
中には1年生は100円、2年生は200円、3年生は300円と学年が上がる度に100円アップさせるという家庭や、お手伝いをしたらお小遣いをあげるという家庭もありました。
Mobirise
小学校中学年にはいくらあげる?
 
小学校中学年といえば3、4年生ですが平均は500〜1000円でした。
 
中学年にもなるとある程度はお金を持たさて自分の欲しいものは自分で買うようにする家庭が多いようです。
そうすると、金銭管理の練習にもなりますよね。
 
 
小学校高学年になるといくらあげる?
 
5、6年生になる高学年には1000円代が多かったです。
また、2000円以上が妥当という方もいました。
確かに、高学年になってくると自分たちだけでお出かけしたい時期ですよね。
そうなるとた1000円未満は少ないと感じます。
 
 
中学生のお小遣いは?
 
中学年になると平均は2000円になります。
これは、自分のためだけではなく、友達の誕生日プレゼントをかったりなどする場合も多くなるからです。
 
私も、友達にプレゼントをあげたり、母の日や父の日にプレゼントをお小遣いから買ったりしていました。
そういう人も多いと思います。
 
 
高校生のお小遣いは?
 
高校生になると小学校、中学校よりも交友関係が広くなり、交際費も多くなるので5000円が平均になるようです。
 
ただ、バイトをしている人はお小遣いをもらわなかったり、少なくしている家庭もあります。
私もバイトをしていたので、携帯代は払ってもらっていましたが、お小遣いはバイト代でまかなっていたのでもらっていませんでした。
周りでもそういう人が多かったです。
 
 
まとめ
 
いかがでしたか?
 
これはあくまで平均なので、家庭によって違ってきます。
また、周りに合わせるという方もいました。
お小遣いは家庭それぞれのやり方があるんですね。
 
私の娘はまだ小さいですが、小学生になったらお手伝いをしたらお小遣いをあげようと家族で相談しています。
皆さんも、子供にいくらお小遣いをあげたらいいのか、どのように渡したらいいのか悩んだ時は家族で相談してみましょう。
 
(文:はる夏)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

ポイントサイトは現代に残された最後の錬金術
Point site is the last alchemy left to the present age. 



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved